懐かしのワイオミング

先日、FBで久しぶりに外国人から友達リクエストがあり、また自分の知らない誰かだろうと思い、サングラスをしたその男性の写真を見ていると、ん!?、まさか・・・ 私は、咄嗟に自分の記憶を呼び起こし、初めて太平洋を渡り留学を始めた、米国ワイオミング時代の懐かしいケニーの事を想い浮かべました。

b0288301_18181651.jpg


アラバマの4年制大学に編入する前の2年間、いつになれば英語が上達するのか、不安で不安で、毎日もがいていました。そんな時、ドイツ系アメリカ人のケニーは、サッカー仲間として親しく接してくれました。可愛い彼女がいつも傍にいて、早く自分も・・・、なんて思っていたような。なんと、その彼女は奥さんとなり、現在、コロラドで子供二人と暮らしていることが分かりました。

b0288301_18185321.jpg


あの頃から20年以上が経ち、こうして、また交流できるとは夢にも思いませんでした。将来、もし、どこかで本当の意味での再会ができれば、『人生に乾杯!!』と言ったところでしょうか。私は、そんな再会が実現しそうな予感がしています、何故か。

# by tak6542 | 2017-06-18 18:21

シルバー、海を渡る

2012年4月以前、それまで佐世保の田舎シーサイドをのんびりと走っていたシルバーが、私のUターンに合わせて場所を移し、これまで大都会福岡シティのシーサイドを、文句ひとつ言わず、朝も昼も夜も、共に良く走ってくれました。

b0288301_11534151.jpg


お客様の案内から、査定訪問、写真撮影、チラシ配りまで、振り返れば、思い出の多さに、しみじみと感傷ムードに浸ってしまいます。手放すことを決めてからというもの、シルバーに自然とカメラを向けていました。1台の車に対して、これほど愛着が付くとは・・・

b0288301_11541445.jpg


20万キロを超えたとはいえ、まだまだ、どこまでも走ってくれるはずです。業者さんは、おそらく、東南アジアか中東の国に行くだろう、と言っていました。私はそれで構いません。シルバーが海を渡り、異国のシーサイドで誰かのために走り続けてくれるのであれば。
戦友であり相棒でもあった、シルバー、これまで本当にありがとう。


b0288301_11544821.jpg

# by tak6542 | 2017-05-28 11:55

住みごこち

実際に住んでみないと、その家の住み心地は分からいものです。

b0288301_18195733.jpg


ましてや、その街の雰囲気は、住み始めてから、実際に通勤・通学をして、近所の公園を散歩して、ご近所さんと挨拶をして、街のお祭りに参加して、でないと分かりません。

b0288301_18221355.jpg


しかし、私は、できる限り伝えたいのです。その家に住むことになれば、どんな暮らしが待っているのかを。だからこそ、家も公園も花も、写真家になったつもりで私は撮り続けます。

b0288301_18224857.jpg

# by tak6542 | 2017-04-23 18:24

『ベッドかなぁ?』

2段ベッドを注文してからというもの、インターホンが鳴るたび、息子はモニターを見上げ、『ベッドかなぁ?』と呟いているそうです。娘の強い要望により、もうすぐ、我が家のフトン生活は終わろうとしています。おそらく、しばらくは興奮して、ぐっすり眠ることはできないでしょう。

b0288301_1819661.jpg


新学期が始まり、学校へ行けば、新しい担任の先生、新しいクラスメート。そして、家に帰れば、初めての2段ベッド。子供たちの寝顔に、何か大きな変化が起きるのでしょうか。

b0288301_18194064.jpg

# by tak6542 | 2017-04-09 18:20

助手席

私には、このような文章は決して書けません。だからなのか、この広告の事が印象に残り、ここ数日、頭から離れません。

b0288301_1682045.jpg


春は助手席に乗って

この季節になると思い出す。
はじめて、ドライブに誘われたとき。
はじめて、父以外のクルマの助手席に乗って。

免許取りたて、なんでしょ。
くれぐれも、安全運転でお願いします。

どきどきしたのは、そればかりじゃない。
カセットのカーステレオから流れる音楽が
ぜんぶ、ロマンチックなラブソングばかりで。

若葉マークのデートは、安全に終わった。
「家に寄る?」と聞いたら、首を横に振った。
両親が2階の窓から、こちらを見ていた。

あの頃はまだ、予想もしなかったな。
結婚して、仕事を続け、運転もする私を。
あの時のあなたを、助手席に乗せて。

このストーリーを読み、私は、2階の窓から、車の様子を見下ろしているかもしれない、そんな未来の自分を勝手に想像しています。これが、歳を重ねていく、ということなのでしょうか。


b0288301_1693279.jpg


娘よ、焦らず急がず、ゆっくりと、大人の女性になっておくれよ。

# by tak6542 | 2017-03-26 16:11