憧れのジョージ・クルーニー

東京で不動産の仕事をしていた時、全く英語は必要ありませんでした。しかし、ここ福岡での仲介業では、意外や意外、英語がかなり役に立っています。今でこそ、緊張せずに外国人と会話できるようになりましたが、これまでは失敗の連続でした。

b0288301_23482569.jpg


アメリカでの最初の数年間、正直、アメリカ人が何を言っているのか100%理解できませんでした。そんな時、当時の人気番組:ER(医療系ヒューマンドラマ)を何度も何度も繰り返し、英語の字幕付きで見ながら言葉に出して練習していました。

b0288301_23502745.jpg


そこに、まだ有名になる前のジョージ・クルーニーが登場していました。私は、あんなかっこいい英語がしゃべりたい、とクルーニーのセリフを何100回と真似していました。今現在、クルーニーみたいな英語を自分が話せているのか、それとも、ルー大柴みたいな英語になっているのか、おそらく、後者なのでしょうが、意思疎通は一応出来ています。福岡は東京並みに国際的になっているような気がします。

b0288301_23511958.jpg

by tak6542 | 2013-06-27 23:52