一本の電話

8月のある夜、帰宅途中、携帯が鳴りました。ディスプレイの名前を見た私は思わず、にっこりしてしまいました。『元気しとるねぇ?』、久々に聞くイチさんの懐かしい声。平戸の青い海とイチさんの笑った顔が、すぐに私の脳裏に浮かびました。

b0288301_2218058.jpg


90歳を優に超えているイチさんですが、私はこれまでイチさんに老人っぽさを感じたことは一度もありません。仲の良い友人と話しているような、そんな感覚です。60歳を過ぎてから初めて教習所に通い、80歳を過ぎても、軽自動車をぶっ飛ばしていたイチさんは、今現在、一人、平戸の漁村でひっそりと暮らしています。

b0288301_22185251.jpg


いつの間にか、今年も残りあと僅か。来年の1月2日には、笑顔で、またイチさんに逢えるよう、この今、を頑張りたいと思います。イチさんの一本の電話は、とても温かいものでした。

by tak6542 | 2013-09-13 22:21