偲ぶ

この歳で、初めて法事というものを経験しました。義理の母の13回忌。カトリックとして育った私にとって、法事は別世界の出来事のように思っていましたが、終わってみれば、故人を偲び、久しぶりに親族が顔を合わせ近況を語り合うことができる有意義な和む会でした。

b0288301_2228046.jpg


これまで一度も会ったことも話したこともない義理の母は、私にとって不思議な存在でした。しかし、よくよく考えれば、今、存在している私の娘と息子は、その母の血を4分の1、確実に受け継いでいるのです。

b0288301_22283799.jpg


そんな目に見えないようで、実はいつも目にしている二人の命は、その母から受け継いだもの。叶わぬことはわかっていても、母に一度でいいから二人を抱いてもらいたかったと想わずにはいられません。おそらく、妻の気持ちもそうだと思います。

b0288301_22293124.jpg

by tak6542 | 2014-05-03 22:30