2013年 09月 22日 ( 1 )

夢がかたちになっていく場所。一つ上の兄が念願の家を建てることになり、昨日、棟上げの餅まきに行ってきました。子供のころは餅まきの餅拾いをワクワクしながら参加したのを覚えていますが、今回は棟上げしたばかりの屋根に上り、親父や弟・甥っ子達と初めての正に餅まきをしてきました。

b0288301_1363722.jpg


下から『こっちにも投げてー』とリクエストを受け、小学生やご近所の方へ、紅白餅に加えお菓子やお金を次から次へまいていくのは、とても気持ちの良いものでした。

b0288301_1371963.jpg


最近、餅まきをする人が少なくなったみたいですが、こういう祝い事にする伝統行事は、やはり代々引き継ぎ守っていくものだと思います。それは、子供達の記憶に残り、地域の結び付きを深め、何より家族のこれからの思い出のワンシーンになるからです。

b0288301_1375518.jpg


もう少しで新しい家に住めるという期待感を胸に、昨日まで無かったその未完成の家を見つめる姪っ子の嬉しそうな横顔がとても印象的でした。ちなみに、餅まきをしていた夕暮れ時、主役の兄は、屋根の上にはいませんでした。漁師の兄は、海の上で、夜が更けるのを待ちながら、波に揺られていました。

b0288301_1383646.jpg

by tak6542 | 2013-09-22 01:43