2014年 04月 18日 ( 1 )

マルセイユの大将

ある人が言っていました、「恰幅の良い料理人が創る料理は、間違いなく、旨い」。紹介を受け、仲介をさせていただいたフランス人ジェラールさんのヒルトン福岡シーホークのランチブッフェに行ってみました。

b0288301_21252983.jpg


ミシュランレストランなどで経験を積み、叩き上げで総料理長にまでなった41歳のジェラール、最初は、その体の大きさに圧倒され、それから、こだわり(要求)の強さに手こずりながらも、気が付けば、冗談を言い合える仲になっていました。

b0288301_212699.jpg


見かけと違い、繊細で品のある彼の料理は、どれも際立っていました。挨拶をしに顔を出してくれた後、厨房に戻ったかと思えば、私の家族のために特別にステーキを焼いてきてくれました。そんな粋な彼のおもてなしで、私はお腹も胸もいっぱいになりました。彼のユニホームを着ている時の鋭い眼差し、息子を抱いた時の優しい眼差し、どちらもいい男の眼差しでした。

b0288301_21264981.jpg


英語云々を言う前に、娘には、まずはテーブルマナーを教えることにします。

b0288301_21272488.jpg

by tak6542 | 2014-04-18 21:30