<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

シルバー

今回は私の相棒を紹介します。その名はシルバー、いつの頃からか、娘がそう呼ぶようになりました。今まで車好きの友達がよく言う、“愛車”の本当の意味が理解できませんでした。ただ単にその車のデザインや性能が好きなのか、それとも、長く乗り続けているから好きなのか。

b0288301_22352387.jpg


日頃、仕事でお客様を案内する時、必ず、そこにはシルバーがいます。2005年、本田技研工業が発売した2代目モデル;CR-V、5人乗り、四輪駆動と思いきや、実は二輪駆動。とにかく、シルバーの乗り心地は快適で最高です。よく走ります。ときには、私の愚痴も静かに聞いてくれます。ポスティングでしばらく離れて帰って来ても、微動だにせず優しく私を待っていてくれます。考えてみると、シルバーと一緒にいる時間は、妻や娘との時間を遥かに超えています。既に12万キロ走っていますが、あと8万キロぐらいは余裕で走ってくれるでしょう。シルバーはタフなんです。

b0288301_2236773.jpg


妻にプロポーズしたのもシルバーの中、ではありませんでしたが、たくさんの色々な思い出を乗せて、シルバーは私と共に走ってきてくれました。たかが、1台の車、されど、私にとってはオンリーワンの頼れるパートナーです。シルバー、これからも、4649。

by tak6542 | 2013-04-27 22:38

七人の侍

これまで見た映画の中でも特に衝撃を受けたのが、黒澤明監督の代表作『七人の侍』です。20代の時に初めて見ましたが、正直見る前は、昔の白黒映画で、何が世界のクロサワ、何が世界のミフネ、などと訳の分からない偏見を持っていました。

b0288301_2291585.jpg


しかし、その映画はエンターテイメントの枠を超えて、今の世界をリアルに表していました。今、仕事で不動産の仲介業をしていますが、私が求めているのも、正に七人の士(さむらい)です。

b0288301_2285825.jpg


お客様に接していれば自然と、税金の話から相続、保険、投資、借入、リフォーム、事業継承など様々な質問を受けます。そんな時に必要なのは、浅い知識ではなく、その道での頼りになる士(プロフェッショナル)です。司法書士、税理士、社労士、土地家屋調査士等。

b0288301_2293160.jpg


最近、そんな頼れる士が一人また一人と、私の前に現れてきました。後は、どれだけ一緒に仕事をしていって、お客様に支持されるかだと思っています。勿論、主役はお客様で、脇役は士業の面々、私は・・・・その間を取り持つ黒子に徹したいと思います。本心は、菊千代(演;三船敏郎)みたいに縦横無尽に暴れまわりたいですが。

by tak6542 | 2013-04-19 22:13

長串山(なぐしやま)公園

華やかな桜は散ってしまいましたが、4月上旬から5月のゴールデンウィークにかけ約10万本の平戸つつじ・久留米つつじを楽しめる観光スポットがあります。それは、私のふるさと佐世保市鹿町町にある長串山公園です。

b0288301_22312992.jpg


赤やピンクの淡い香りの鮮やかなつつじの花、標高234mの長串山から望む大パノラマの九十九島、私にとってのこころの原風景です。毎年4月、地元の子は、小学校にあがると歓迎遠足で必ず長串山に登ります。小学1年生はひとまわりも大きな6年生に手をひかれ、少し緊張しクタクタになりながらもなんとか歩きます。今年、私の姪っ子もピカピカの一年生になり、私が歩いたあの道を同じように歩いたはずです。今あの頃を振り返ると、自分がいかに恵まれた環境で育ったのかが分かります。大自然の中で友達と一緒に食べた母の手作り弁当、ワクワクしながら探した宝探しゲーム、友達と駆け回ったつつじ公園、長串山には思い出がたくさんあります。

b0288301_22321394.jpg


そんな長串山公園へは福岡から車で約3時間、特に園内から見る夕日は圧巻ですので、少し帰りが遅くなっても、見る価値は十分にあると思います。昨年は高倉健さん主演映画『あなたへ』にも、ほんの数秒ですが長串山からの風景が写っています。まだ行かれたことのない方は是非一度、健さんと吉浦が見たその絶景、そして、つつじの花、をその眼で愉しんできてください。

b0288301_22325693.jpg

by tak6542 | 2013-04-13 22:34

大切な場所

先日、娘が幼稚園の初日を迎えました。面白いことに、娘は初めての幼稚園にかなり緊張していたみたいで、家に帰って来てから情緒不安定になり、甘えたり、突然叫んだり、あまり幼稚園での出来事を話さなかったそうです。

b0288301_2255514.jpg


いつもは自由奔放にしているのに、やはり初めて会う同級生や先生に対しては相当気を使うのでしょう。そんなことを考えると、娘がわがままで甘えられる家というのはとても大切な場所だと気づかされます。これから娘がどんな幼稚園生活を繰り広げていくのか、楽しみでなりません。

b0288301_22555620.jpg

by tak6542 | 2013-04-06 22:58