<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

二人のトム

ふとした時に、もう一度見たくなる映画があります、『ザ・エージェント』( Jerry Maguire )。トム・クルーズが仕事を通して人生を必死に生きていく単純なストーリーですが、私はこんなシンプルな映画を好みます。

b0288301_2318440.jpg


もう一人、仲の良い香港のトムも、ハリウッドスターに負けず劣らず仕事人間です。彼の仕事に対する情熱的な姿勢を20代の頃から見てきましたが、一時期、こちらが心配するくらい仕事をし過ぎて体を壊した事がありました。それくらい、とにかく働いていました。更に、二人のトムに共通して感じるのは、誰に対しても誠実だということです。だからこそ、周りの人から好かれ、成功していくのだと思います。

b0288301_23184394.jpg


もう一踏ん張りも、二踏ん張りも、自分にはまだ足りない気がしています。

b0288301_23192481.jpg

by tak6542 | 2014-04-25 23:21

マルセイユの大将

ある人が言っていました、「恰幅の良い料理人が創る料理は、間違いなく、旨い」。紹介を受け、仲介をさせていただいたフランス人ジェラールさんのヒルトン福岡シーホークのランチブッフェに行ってみました。

b0288301_21252983.jpg


ミシュランレストランなどで経験を積み、叩き上げで総料理長にまでなった41歳のジェラール、最初は、その体の大きさに圧倒され、それから、こだわり(要求)の強さに手こずりながらも、気が付けば、冗談を言い合える仲になっていました。

b0288301_212699.jpg


見かけと違い、繊細で品のある彼の料理は、どれも際立っていました。挨拶をしに顔を出してくれた後、厨房に戻ったかと思えば、私の家族のために特別にステーキを焼いてきてくれました。そんな粋な彼のおもてなしで、私はお腹も胸もいっぱいになりました。彼のユニホームを着ている時の鋭い眼差し、息子を抱いた時の優しい眼差し、どちらもいい男の眼差しでした。

b0288301_21264981.jpg


英語云々を言う前に、娘には、まずはテーブルマナーを教えることにします。

b0288301_21272488.jpg

by tak6542 | 2014-04-18 21:30

愛宕の夜

普段、アルコールを口にすることは殆どありませんが、その夜は、数年ぶりの熱燗を少々頂きました。東京で知り合ってから直ぐに仲良くなり、バカ話も真剣な話も出来る大切な友人であるトムが、わざわざ香港から遊びに来てくれました。

b0288301_071168.jpg


まだ子供に恵まれていないトムにとって、私の娘と息子は相当かわいいようです。娘は朝から、トム、トム、と言っていた割には、会ってから暫くは恥ずかしそうに何もしゃべりませんでした。少しは幼稚園で習っている英語の単語が聞けるかと楽しみにしていましたが、逆にトムから日本語で話しかけられて照れていました。

b0288301_08203.jpg


娘が英語を話す日は、まだまだ先のようです。がんばれー。

b0288301_085949.jpg

by tak6542 | 2014-04-13 00:11

異性

「もう、かわいかぁー・・」、最近、自宅で頻繁に耳にする言葉です。うわさにはよく聞いていた女性は男の子を溺愛する、妻は息子にメロメロです。一方、私は娘がかわいくてしかたがありません。

b0288301_22142825.jpg


やはり同性だからなのか、妻は娘に対して、少し厳しいような感じがします。4歳になったくらいから娘は、妻から注意されたセリフをそのまま私に言うようになりました、「歯磨きしたら、もう、アイスクリームはだめだからね!!」とか「ちゃんと、片付けなさい!!」。しかも、表情は真剣そのもの。そんなセリフを言われるたびに、私はいつも娘を抱きかかえます。すると、娘は、「もう、いつも、そればっかりなんだから!!」。たまりません。

b0288301_22151329.jpg


昔、父が私の妹にかなりきつく注意されていたことがありました。その時、父は怒り出すかと見ていたら、ニヤニヤして無言で立ち去りました。ん? 頭がおかしくなったのか? 今、その頃の父の心情がやっとわかるようになりました。男も女も、異性には甘いものです。

b0288301_22154714.jpg

by tak6542 | 2014-04-05 22:18