<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フクオカブルー

8月30日、福岡にやっと青空が戻ってきました。

b0288301_22303387.jpg


ビーチでは子供たちが楽しそうに砂遊び。シーサイドエリアではジョギングで汗を流すランナーたち。海の上では、スイスイと流れるように走る船。南に目を向ければ、手前には愛宕神社、遠くには脊振山、そして、気持ちの良い青空。

b0288301_2231734.jpg


勝手ながら、これから福岡で見るその貴重な青を、フクオカブルーと呼ぶことにします。ちなみに、今日31日は曇り、明日はまた曇時々雨の予報です。

b0288301_22304255.jpg

by tak6542 | 2014-08-31 22:32

儚さ

数年前から再び恒例となった故郷の花火大会。田舎ならではの程良い数の見物客、どこにいても、そこは特等席であり、あっという間に消える一瞬の花火を見つめながら、ある人は無心のままに、ある人は誰かを想い、また、ある人はシャッターを切り。

b0288301_22381624.jpg


いつの頃からか、花火を見ることよりも、その花火を見上げる子供達の横顔を見ることの方が楽しみになった男。

b0288301_22384662.jpg


夏になれば、決まって車を走らせていた平戸の海。2月に帰天したあの人は、もうあの海の家にはいないという現実。花火の爆音に泣き出す娘、初めての打ち上げ花火を嬉しがる息子。色んなことを思い巡らせた今年の夏花火、儚い。

b0288301_22395171.jpg

by tak6542 | 2014-08-23 22:41

入道雲

ソフトクリームみたいなモコモコとした入道雲を見る度に、私は目を細め、サッカーボールを追いかけた真夏のアラバマを思い返します。他の学生よりも3週間ほど前に大学へ戻り、午前と午後、吹き出る汗もそのままに、プレシーズンの練習に励んでいました。

b0288301_2150277.jpg


40度近い暑さの中、何故あれほどまでに走れたのか不思議でなりませんが、唯一のアジア人として、負けてたまるかという気概が、どこかにあったのかもしれません。

b0288301_2151380.jpg


ここ最近はサッカーをしていませんが、うちの大将がもう少しで歩き出しそうなので、先ずは子供用のサッカーボールを買って、その時、を待ちたいと思います。今年の盆休みは、まさかの雨続きで梅雨みたいな気候でしたが、夏しか見られない入道雲がまた見られると信じて、明日からも外に出て汗をかいていきたいと思います。

b0288301_21512484.jpg

by tak6542 | 2014-08-17 21:53

あの夏の日

8月になれば、毎年、思い出すことがあります。あれは、5年前の東京。陣痛が始まって29時間後に、ようやく娘が産声を上げ、私は、初めて誰かの父ちゃんになりました。今年は家族4人で娘の誕生日を祝いましたが、こういうありふれた日常的なイベントを家族全員が笑顔で迎えられたことに、小さいような大きいような、そんな幸せを感じています。

b0288301_12525019.jpg


この暑さもまだまだ続く気配、みなさま、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り致します。

b0288301_6542499.jpg

by tak6542 | 2014-08-07 12:54

頼もしき娘

昨年から通い始めたテニス教室。先日、炎天下の中、初めて娘を応援に行ってきました。家では言う事を聞かず、妻も私もかなり手を焼いていますが、コーチの前では、娘は見違えるような優等生になっていました。

b0288301_2172176.jpg


あまりボールには当たっていませんでしたが、スイングは予想していたよりも形になっていて、将来、もしかしてウィンブルドンのセンターコートに立っているのでは、なんて勝手な想像をしてしまいました。

b0288301_2174554.jpg


灼熱の太陽にも怯まず、誰よりも早くランニングを始め、男の子に負けじとラケットを振り、ボール拾いにも真剣になる娘を見ていて、私はただただ嬉しくなりました。これから子供たちがどのスポーツの道に進むか分かりませんが、スポーツを通して多くの事を学び、そして、たくさんの友人をつくってほしいと切に願っています。

b0288301_2181330.jpg

by tak6542 | 2014-08-02 21:10